プラセントレックス(ヒトプラセンタジェル)の個人輸入最安値通販は?

プラセントレックスの最安値はベストケンコーorオランダ屋!

プラセントレックスは、ヒトプラセンタを配合するプラセンタジェルです。
皮膚にハリと潤いを与え、肌にできた傷やシミ、小ジワを素早く修復する女性に大人気のアイテムです。

プラセンタと言えば、高級化粧品やサプリなどにも配合されていますが、プラセントレックスに配合されているヒトプラセンタは医療機関でしか扱えないので効果は全然違います。

 

日本国内でヒトプラセンタを取り入れているのはプラセンタ注射のみになります。
内服や外用は現在のところ日本では認可されていないので美容皮膚科などを受診してもプラセントレックスのようなヒトプラセンタを処方してもらうことはできません。

 

なので、プラセントレックスを入手するためには個人輸入の通販しかありません。
そんなプラセントレックスの個人輸入通販で最安値なのがベストケンコーorオランダ屋です。

 

なんで最安値なのに、2店舗挙げてるの?」と疑問に思われることでしょう。
それは購入する個数によって最安値販売店が違うからです。

個数 オランダ屋 ベストケンコー
1箱 1770円 2980円
2箱 2766円(1383円) 3380円(1690円)
3箱 4292円(1430円) 3978円(1326円)
5箱 6821円(1364円) 4780円(956円)
10箱 12871円(1287円) 7320円(732円)
15箱 19469円(1297円) 9990円(666円)
20箱 25519円(1275円) 12180円(609円)

※価格は2019年6月時点の価格()内は1箱あたりの値段
上記のように、少ない個数であればオランダ屋、まとめ買いをする場合はベストケンコーがおすすめです。

 

ベストケンコーの場合初めて会員登録をすると500円分のポイント、プラセントレックスをカゴに入れた後のレジ画面でクーポンコード【GOLD】を入力するとさらに500円OFFなので上記の価格からさらに実質1000円OFFで購入できます。

 

ちなみに上記の個人輸入サイトの安全性に関してですが、オランダ屋は運営歴20年以上のオオサカ堂の姉妹サイト(運営会社が同じ)、ベストケンコーも10年以上続く老舗の個人輸入通販サイトで、利用者も多く商品に対する口コミやレビューも豊富です。

 

仮に商品がなかなか届かないような事態が発生しても、上記のような老舗サイトの場合他にも利用者がたくさんいるのでネットでちょっとツイッターや2chを検索をすれば発送遅延情報などをいち早くキャッチすることができます。(滅多に発送遅延なんて起こりませんが・・・)

プラセントレックスを少ない個数欲しい方はオランダ屋、まとめ買いしたい方はベストケンコーの通販がおすすめです。

 

初めてプラセントレックスを購入する場合は、お試しで実際に効果を確認してからと言う方が多いと思うのでオランダ屋、すでに使ったことがあってストックしておきたい方はまとめ買いでベストケンコーがおすすめですね♪

 

オランダ屋は現在クレジットカードの決済が一時停止されているのでクレジットカードで個人輸入通販したい方はベストケンコーがいいでしょう。

プラセントレックスを通販で購入できるのは個人輸入のみ


ヒトプラセンタは医薬品として用いられているので化粧品などには配合されていません。

最近はヒト幹細胞コスメが話題になっていますが、それとも若干異なります。
それでもヒト幹細胞コスメと言うだけで1本1万円とか2万円の化粧品が売れているわけです。

 

プラセントレックスはヒトプラセンタそのもので、値段は個人輸入すれば1本1000円程度。ヒルドイドの美容目的での処方が一時問題になりましたが、大人気になる理由がわかりますよね。

 

ヒトプラセンタは医薬品として扱われているのでAmazonや楽天市場、yahooショッピングのような国内の通販サイトでは販売できません。もちろん、薬局やドラッグストアでも販売していないので注意してください。

 

ヒトプラセンタと検索をすると、ヒト幹細胞コスメのような化粧品がHITするかもしれませんが、ヒトプラセンタを使っているプラセントレックスとは別物です。同じような効果が得られるわけではありません。

 

稀にメルカリやヤフオクなどで個人輸入したプラセントレックスを転売している方もいますが、ヒトプラセンタジェルのような医薬品の転売は違法なので真似しないようにしましょう。値段も自分で個人輸入したほうがずっと安いのでわざわざ危険な個人売買で買う理由はないでしょう。(偽物の可能性も高いので・・・)

プラセントレックスを購入する場合は自分で個人輸入で通販するのが一番です。

 

プラセントレックスとは?


それでは、通販情報だけでなくプラセントレックス自体についての情報も紹介していきましょう。プラセントレックスは冒頭でも紹介しているようにプラセンタの中でも最高級・最高品質といわれている人間由来のプラセンタを配合したジェルです。

 

製造しているのはインドのコルカタにあるアルバートデイヴィットという製薬会社です。

インドと言うと、発展途上国のイメージを持っている方も多いかもしれませんが医薬品の製造に関して言えば、日本やアメリカの大手製薬会社も製造部門をアウトソーシングするほどでインドの製薬産業の生産量は世界第4位となっています。

アルバートデイヴィット社はそんなインドにある22000社以上の製薬マーケット部門でも
50位にランク付けされている製薬会社になります。

 

プラセントレックスの有効成分はヒトプラセンタで、使用されているヒトプラセンタはホルモンなどが除去されていて完全に滅菌処理されているものを使用しているので安全です。

 

プラセントレックスクリームとジェルの違い

これまではプラセントレックスジェルだけでしたが、製造元のアルバートデイヴィットでは2016年からプラセントレックスクリームの販売も始めています。

有効成分がヒトプラセンタなのは同じです。
プラセンタジェルとクリームの違いですが、これは通常の化粧品のクリームとジェルの違いと似たような感じでクリームのほうが油分が多いのでしっとりと仕上がります。浸透力⇒ジェル、バリア力⇒クリームといった感じですね。

 

後程紹介しますが、使い方によってもおすすめは変わってくるかなと思います。
それと、プラセントレックスジェルはジェルの匂いが気になるといった口コミも多いですがプラセントレックスクリームに関してはジェルよりも匂いが抑えられています。

 

プラセントレックスクリームの個人輸入での取扱いはまだ少なく、それなりに信用できる個人輸入サイトとなるとあんしん通販マートぐらいなので安く購入したい方はプラセントレックスクリームよりもプラセントレックスジェルを使うのがおすすめです。

プラセントレックスにジェネリックも登場!

個人輸入で購入できるヒトプラセンタジェルはこれまでプラセントレックスだけでしたが、今年(2019年)に入ってからプラセントレックスのジェネリックが登場しました!

 

ジェネリック医薬品とは?
新薬と同じ有効成分のお薬です。また、新しい技術で、味や飲み易さ、使用感が改良されたものもあります。
新薬の発売後、数年から十数年経って開発されるジェネリック医薬品は、味の改良や小型化、またOD錠(服用後、速やかに溶ける)や、錠剤やシートの表示工夫等、新しい技術により、新薬より、飲み易さや飲み間違いを防ぐ工夫が行われているものも多くなっています。
新薬より低価格で、患者さんの自己負担を軽減します。
引用:ジェネリック医薬品とは|第一三共エスファ株式会社

プラセントレックスのジェネリックが「センタサバジェル」です。

こちらは2003年に設立されたインドのSAVA社で製造されているヒトプラセンタジェルです。
現在のところベストケンコーでのみの取扱いになりますが、プラセントレックスよりも安いです。

またクリームでも少し触れましたがプラセントレックスジェルの匂いがキツイという問題もジェネリックでは改良されているようです。

特にジェネリックなど気にしない方は安いのでセンタサバジェルがおすすめです。

プラセントレックスの使い方について

プラセントレックスを個人輸入で通販しても説明書などは付属していません。
医薬品なので添付文書はありますが、海外向け商品なので英語になっています。

 

個人輸入代行サイトにも使用法など書いてありますが、1日2~3回適量を気になる部分に塗布する。といった感じで使い方が詳しく書かれていることはありません。

 

なので、プラセントレックスやヒトプラセンタジェルを実際に使っている方のブログなどからおすすめの使い方について調べてみると、主に2パターンの使い方があってそれぞれプラセントレックスを塗る順番が違います。

①洗顔後⇒化粧水⇒プラセントレックス⇒乳液・クリーム

②洗顔後⇒プラセントレックス⇒化粧水⇒乳液・クリーム

この辺は使っている方でも意見が割れるところです。

プラセントレックスを初めて使う場合に②の使い方のようにいきなり肌に塗ると、少しヒリヒリするような刺激感や、肌のツッパリ感を感じる方も多いようです。(使い続けるうちに肌質が改善されて直接塗っても大丈夫になった方も多数)

直接塗ったほうが効果がある!と感じる方もいます。

 

なので、まずは洗顔後の肌に直接プラセントレックスを塗ってみて違和感がなければそのままで、もしヒリヒリしたり、ツッパリ感を感じるようでしたら最初のうちはプラセントレックスの前に化粧水を使ったほうがいいでしょう。

 

どちらにも共通して言えますが、塗ったらすーっとお肌に浸透していくので塗りすぎには注意です。

大体普通に使っていると1ヶ月でプラセントレックス1本が目安になると思います。
ちょっと多めに使っても2週間~3週間ぐらいはかかるでしょう。

 

ちなみにベストケンコーでヒトプラセンタジェルを購入するとヒトプラセンタをジェルを正しく使用するための使用ガイド(日本語)が特典として一緒に付いてきます。

プラセントレックスの効果と副作用


プラセントレックスの有効成分であるヒトプラセンタは、細胞に働きかけることで肌のターンオーバーを促進させる効果があります。
ヒトプラセンタの高い細胞再生力がプラセントレックスの魅力と言えるでしょう。

 

そのため下記のような効果が期待できます。

・肌のツヤ、ハリ、弾力のアップ
・化粧ノリが良くなる
・毛穴が目立たなくなる
・しわやたるみの改善
・シミやくすみ、色素沈着の改善
・ニキビやニキビ跡の改善
・擦り傷ややけど跡の改善(組織再生)
・敏感肌やアトピー性皮膚炎の改善

 

もちろん、効果には個人差がありますが個人輸入代行サイトのレビューやアットコスメなどでの口コミを見る限りでは市販されているどんな化粧品よりもプラセントレックスの効果に満足している人が多いかわかると思います。

 

一方で副作用はどうでしょうか?
ヒトプラセンタは他のプラセンタとは違って医療機関でしか扱うことができません。効果を感じている人が多い分、副作用についても気になっている人は多いと思います。

しかし、プラセントレックスには副作用がほとんどありません。
ヒトプラセンタ注射に関してはアレルギー症状が起きたといった報告はありますが、
プラセントレックスのような外用薬として使用する場合は基本的に副作用はありません。ただ、肌に合わないといったことは起こる可能性はあるのでアレルギー体質の方は事前にパッチテストを行ってから使用したほうがより安全です。

 

プラセントレックスを使用している間に肌が赤くなったり、かゆみや腫れなどが出た場合は使用を中止して医師の診察を受けましょう。

さいごに

プラセントレックスを個人輸入する場合の通販情報などについてまとめてみました。
通販での比較表を見てもらえればわかりますが、プラセントレックスを試しに使いたい方や少量必要な方はオオサカ堂の姉妹サイトであるオランダ屋がおすすめです。

 

まとめ買いをしたい方やクレジットカード決済がしたい方、日本語のプラセントレックス使用ガイドが欲しい方はベストケンコーでの通販がおすすめです。

 

ちなみにどちらも海外からの個人輸入になるので、商品を注文してから手元に届くまでには5日~10日間ほどかかります。また発送はEMS(国際郵便)になるので代引きを始めとする後払いの支払い方法は選択できないので注意してください。